前へ
次へ

喪主は誰が務めるのが良いかを知っておく

それぞれの家には世帯主と言われる人がいて、税金なども世帯主に対して宛てられるケースがあります。
世帯主は男性の年長者が務めるケースが多いでしょうが、その分家族の中で最も早く亡くなるケースも多いでしょう。
世帯主が亡くなったときに葬儀においては誰が喪主を務めることになるかです。
夫婦のうちの一方が亡くなったときはその配偶者が喪主を務めることが多くなります。
夫が亡くなればその妻が務めるなどです。
男性が務めるイメージがあるので子供がいるなら長男が務めると考える人もいますが、妻がいるなら妻が基本と考えておくと良いでしょう。
ただ該当者が高齢の時はその子が務めるときもあります。
親が亡くなって配偶者もいないときはその子が務めることが多く、基本的には年齢に関係なく長男が務めるケースが多くなります。
ただ各家庭で決めるので、女性が務めて問題ありませんし、名前が変わっている人でも問題はありません。
小さい子供が残されたときには他の親族が務めることもあります。

税理士 福岡

他社で断られた不用品ございませんか?
産廃処理業者や他業者で断れた不用品でも、リサイクルマーケットなら回収できるかもしれません!

Page Top